2005年04月23日

ザウルスでメモ (3) FreeNoteQTで手書きメモ

手書きのイメージメモをとれるソフトの 2つめは、FreeNoteQT です。

ザウルス標準の「イメージノート」との違いは、
1. どこまでも書ける
2. 高機能
な点です。SL-C1000 には、上記の FreeNoteQT にシャープが修正を加えた FreeNoteQT(SHARP版)が付属の CD-ROM に収録されています。

高機能なので、アイコンが多くてとまどうかもしれませんが、メモを書くだけなら、起動してペンを走らすだけなので、すぐに使えます。

以下の記述は、バージョン 1.11.10Dpre に基づいています。

FreeNoteQTで手書きメモ

以下が、FreeNoteQT のメニューです。エクスポートは、PNGファイルだけでなく、なんとPDFもあるんですね。

PDFでエキスポート

エンピツメニュー

エンピツメニューには、自動整形(AutoFormat)やスムージング(Smooth)、それからテキストを入力できるテキスト(Text)メニューもあります。

各機能の詳細が知りたい場合は、
FreeNoteQTのページ に詳しい説明がありますので、参照しましょう。

FreeNoteQTで作成したPDF

ザウルスでメモ (4) イメージノートで手書きメモ へ続く。

【関連】
ザウルスでメモ (10) FreeNoteQTで手書きメモ その2



目次
ザウルスでメモ
ザウルスでメモ (2) InkWpで手書きメモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。