2005年05月02日

どのザウルスを買うべき? (2) SL-C1000とSL-C3000の違い

SL-C1000とSL-C3000の比較ですが、SL-C3000から4GBのハードディスクを取り除いたものが基本的にSL-C1000です。

4GBの容量(出荷時空き容量は約2.9GBらしいですが)が欲しいかどうかがSL-C3000を選ぶかSL-C1000を選ぶかのひとつのポイントになるでしょう。

また、SL-C3000では、4GBの容量ゆとりから、辞書がマルチメディア辞書になっています。

重さは、SL-C3000が20gほど重くなっています。

電池は、SL-C1000の方が消費電力が少なく、すこし長持ちします。

あとは、付属するソフトウェアが少々異なります。

■価格(価格.com 平均)
SL-C1000 43,094円
SL-C3000 66,563円

■ユーザーエリア
SL-C1000 約64MB (出荷時空き容量約52MB)
SL-C3000 約3.6GB (出荷時空き容量約2.9GB)

■重さ
SL-C1000 約278g
SL-C3000 約298g

■色
SL-C1000
SL-C3000

■電子辞書
SL-C1000
「学研 パーソナル現代国語辞典」収録語数約73,000語
「学研 パーソナル英和辞典」収録項目約80,000項目
「学研 パーソナル和英辞典」収録項目約92,000項目
「学研 パーソナルカタカナ語辞典」収録語数約28,000語
「学研監修 漢字辞典」収録漢字約6,355字
SL-C3000
『広辞苑 第五版 CD-ROM版』約23万項目(マルチメディア辞書)
ジーニアス英和辞典 第3版 収録数:約95,000語句
ジーニアス和英辞典 収録数:約80,000語句

■電池の持ち(目安)
SL-C1000 明るさ最小連続表示 約8時間
SL-C3000 明るさ最小連続表示 約7時間

■SL-C1000のみに付属するもの
* ビジネス文書テンプレート
* データベース
* 乗換案内

■SL-C3000のみに付属するもの
* 翻訳これ一本

どのザウルスを買うべき? (3) SL-C1000とSL-C860の違い へ続く。
posted by Kenji at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザウルスの選び方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3272197
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。