2005年05月25日

リナックス(Linux)であることのメリット

ザウルスのOS(基本ソフト)がリナックスであることのメリットにはどんなことがあるでしょうか。

1. 潜在的なソフト開発者が多いのでソフトも増えやすい
シャープ独自のOS用のソフト開発者より、全世界で利用されているリナックスのソフト開発者の方が圧倒的に多いと思われます。
実際、海外でザウルス用のソフトがかなり作成されてます(ほとんど英語ですが)。
ただ、海外で作成されたソフトを日本語化することができる(ライセンス的にそういうことができる)場合が多いので、日本語じゃないと困る人にもメリットとなります。そういう例としては、IQNoteZiciZ などがあります。

2. リナックスのソフトで使えるものがある
どんなものがあるかと言えば、一番すぐザウルスで動きそうなのは、サーバ用ソフトです。
ウェブサーバのApacheや、データベースサーバのMySQLなど、たくさんの種類のサーバがあります。これらは、ザウルス用にコンパイルすれば動きますし、コンパイル済みのパッケージがすでに存在します。
もともと、リナックスはサーバ分野で実績のあるOSですので、ほとんどのサーバは動作することになります(ただし、パソコン用のものとはCPUが違うので、そのままでは動きません。ザウルス用にコンパイルし直す必要があります。コンパイルするためには、ソースコードが必要ですので、ソースコードが入手できないものはザウルスで動かすことはできないでしょう)。
ザウルスでのデータベース構築のように実際にMySQLをザウルスで使っているという方もいます。

3. ユーザがOSを勝手に改良することができる
これは、リナックスのライセンスがGPLというライセンスだからです。
GPLというライセンスだからソースコードが入手できますし、変更したものを配布できます。だから、スペシャルカーネルなんてものが作れるわけです。OSがWindowsだったらありえません。

4. メーカーがサポートしていないパソコンとの連携がしやすい
シャープはWindowsとの連携しかサポートしていないわけですが、現状、Macやリナックス・パソコンとの連携もできないことはありません。これは、ザウルスがリナックスであり、リナックス上で動くオープンソースのソフトを多く使っていることが影響しています。

5. リナックスユーザにはわかりやすい
これはたんに慣れともいえますが、リナックスを知っていれば、よりいろいろなことができ、さらにザウルスを楽しめるかも知れません。
むろん、ザウルスはPDAとして使えるように、パソコンでのリナックスとは見た目が全然違います。リナックスを全く知らなくても使えるようにできていますので、リナックスだから難しそうというのは誤った先入観です。

6. リナックスの学習ができる
リナックスを学習してみたい人にとっては、とっかかりとなるかも知れません。サーバはかなり動きますので、サーバ構築をすることもできます。開発環境もありますので、ソフトをコンパイルしたりすることも可能です。

と、これくらいでしょうか。



目次
そもそもザウルス(Zaurus)って?
そもそもSLザウルスって?
SLザウルス発売の歴史
なぜリナックス(Linux)なのか?
posted by Kenji at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザウルスとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3883670
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。