2005年09月15日

EBtのリンクを理解する(3)

ひきつづきEBtのリンクについてです。今日は、クリップボードを使い、メモを移動してみます。

人気blogランキング ←もしこのブログがお役に立ちましたら、クリックをお願いします。

ルートからの表示
「memo1」の下に「memo1-a」
「memo2」の下に「memo2-a」
が作成されています。

ここで、「memo1-a」を「memo2」の下に移動させたいとします。

「memo1-a」をドラッグして「memo2」の下に移動なんてしたくなりますが、EBtではそうはなりません。EBtでは、本当は「memo1-a」は「memo1」の下に存在してるわけではなく、「memo1」とリンクしているだけです。EBtでメモの場所を移動するということは、リンクを変更するということになるのです。

つまり、

1.「memo1」と「memo1-a」のリンクを削除
2.「memo2」と「memo1-a」のリンクを追加

というふたつの作業が必要になるんですね。

上記の1.と2.を文字どおりに操作する方法もありますが、もう少し便利なクリップボードを使う方法でやってみようと思います。

まず、「memo1」と「memo1-a」のリンクを削除し、「memo1-a」をクリップボードに移動します。

「memo1」が選択されている状態で、
クリップボードに移動
「リンク」メニューから「クリップボードに移動」を選びます。

ファイル選択画面
「ファイル選択」の画面が表示されます。「memo1-a」が選択されていますので、これでいいです。

「memo1」から「memo1-a」へのリンクを「クリップボード」に移動するということになります。
「OK」ボタンを押します。

memo1起点の画面
画面が変わりました。

ルートからの表示
ルートに戻って、リンクを確認してみましょう。

「memo1」の下の「memo1-a」がなくなって、「クリップボード」の下に「memo1-a」があります。

memo2を選択
次に「memo2」を選択します。

クリップボードから移動
「リンク」メニューから「クリップボードから移動」を選びます。

ファイル選択画面
「ファイル選択」画面が表示されます。

「memo1-a」が選択されていますので、これでいいです。「OK」を押します。

memo2起点の画面
「memo2」起点の表示変わりました。「memo1-a」が「memo2」の下に表示されています。

ルートからの表示
ルートに戻って確認してみましょう。

「memo2」の下に「memo1-a」がちゃんとありますね。これで「memo1-a」を「memo2」の下に移動できました。

続く

【関連】
EBtのリンクを理解する(2)
EBtのリンクを理解する(1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。